家電の買い方ガイド TVは録画機能で選ぼう

TVは家電の中でも高価な部類に入る為、サイズや特性を知って購入しなければ大きな損失となりかねません。

家電の買い方ガイド TVは録画機能で選ぼう

高価な家電であるTV選びを失敗しないために

価格の大幅下落が続く中でも、TVはやはり家電の中でも高価な部類に入ります。何十万という額をかけるのですから、失敗は許されません。しかし、現実にテレビ選びを失敗してしまう人は多くいるのです。失敗を避けるために、よくある失敗例を見てみましょう。

特によくある失敗が、電気屋さんで見たときと家に置いて見たときに、サイズや画像の印象が異なるという事です。サイズが異なって見えるのは、周りに超大型のテレビや小型のテレビなど、さまざまなサイズのテレビが置いてあり、感覚が麻痺してしまう事が理由に挙げられます。超大型のテレビに置いてあったものを、丁度いいサイズだと思って買ったが、家に置くと大きすぎて困ったという事がよくあります。カタログなどを参考にして、段ボールなどで模型を製作してみましょう。かなり手間にはなりますが、サイズ感を確実につかむ事ができます。次に、お店で見たときと、画像の印象が大きく異なるという問題ですが、これはお店に置いてある間は展示用の画質に設定されていて、家で見る用の画質と異なる事が原因です。すべてのテレビが、展示用の画質モードを持っている訳ではありませんが、展示品を見たらまず画質の設定がどうなっているかをチェックすべきです。自分でよく分からない場合には、店員さんに聞くなどして、家で見る時と同じモードに設定してもらいましょう。この時の見え方が、ほぼ買った後に家で楽しむ見え方となるので、購入の参考に出来るはずです。他にも失敗例はたくさんありますが、最低でもこの2点をしっかり抑えてテレビ選びをしましょう。

サイトリンク